プロフィール

 

愛知県出身。名古屋芸術大学卒業。

洗足学園音楽大学附属指揮研究所修了。


2002年、女満別国際音楽セミナーを受講。
2003年、湯浅勇治氏の指揮セミナーを受講。
2006年、東京佼成ウインドオーケストラのオーディションに合格し、2年間指揮研究員として、ダグラス・ボストック、下野竜也、齊藤一郎、山下一史、渡邊一正、ポール・メイエ各氏等のアシスタントを務める他、第19回朝日作曲賞最終審査会、第1回全日本吹奏楽連盟作曲コンクール本選、特別演奏会、音楽教室、録音等、約50回指揮を担当する。またチェレスタ奏者としても定期演奏会他に出演。
2008年、ダグラス・ボストック氏の推薦によりユングフラウ音楽祭(スイス)に参加し、国際指揮マスタークラスを受講。
同年、仙台フィルハーモニー管弦楽団の公演にて山下一史氏の副指揮者を務める。
2009年、ベルナルト・ハイティンク国際指揮マスタークラス(スイス)に於いて、世界各国の応募者の中からオーディションにより数名の受講生に選ばれる。
2010年、ネーメ・ヤルヴィ国際アカデミー(エストニア)に受講生として参加。アカデミー開催期間中に行われたコンサートにネーメ・ヤルヴィ氏に選出され出演。
2013年、ベルナルト・ハイティンク指揮ロンドン交響楽団の来日公演に於いてリハーサルに同行し師の元で研鑽を積む。

これまでに指揮を秋山和慶、ベルナルト・ハイティンク、ネーメ・ヤルヴィ、ダグラス・ボストック、レオニード・グリン、小林研一郎、湯浅勇治、河地良智、川本統脩の各氏に、スコアリーディングを島田玲子、西川麻里子の各氏に、ピアノを板坂真理子、中野五月、越野宏之の各氏に、ソルフェージュを宮川陸男氏に、古楽器演奏法を竹本義明氏に師事。
ルツェルン・フェスティバル・ストリングス、パルヌ・シティ・オーケストラ、エストニア・ナショナル・ユース・オーケストラ、セントラル愛知交響楽団、東京佼成ウインドオーケストラ等のオーケストラ、吹奏楽団を指揮。ソリストとの共演も多く、ピアニストの春原恵子、山岸ルツ子、ミハイル・カンディンスキー、渡辺治子、斎藤龍、チェリストのマリウス・ヤルヴィ、サクソフォーン奏者の須川展也各氏等と共演し何れも好評を博している。

 

Masayuki Inagaki graduated from the Faculty of Music at Nagoya University of Arts and the Conducting Institute attached to Senzoku Gakuen College of Music.

In 2002, Masayuki has participated in the conducting master class with Ken-ichiro Kobayashi at the Memanbetsu Okhotsk International Music Seminar.

In 2003, he has participated in the conducting seminar of Yuji Yuasa.

In 2006, Masayuki passed an audition of assistant conductor at the Tokyo Kosei Wind Orchestra. He served as assistant conductor for two years, working with conductors such as Douglas Bostock, Tatsuya Shimono, Ichiro Saito, Kazufumi Yamashita and Paul Meyer and others. And he has conducted about 50 times concerts and recordings.

In 2008, Masayuki has conducted the final round concert of The 1st All Japan Band Association Composition Competition and The 19th Asahi Competition Award for Wind Orchestra. He participated in the Jungfrau Music Festival held by Douglas Bostock's recommendation in Switzerland, and attended international conducting Master class. He served as assistant conductor of the Sendai Philharmonic Orchestra special concert.

In 2009, Masayuki was one of the 6 active participants in the Bernard Haitink Conducting Master Class in Lucerne.

In 2010, Masayuki has participated in master class with Neeme Järvi as part of his international summer academy.

 

Masayuki studied conducting under Kazuyoshi Akiyama, Bernard Haitink, Neeme Järvi, Douglas Bostock, Leonid Grin, Ken-ichiro Kobayashi, Yuji Yuasa, Yoshinori Kawachi and Tsunanobu Kawamoto. He studied score reading and under Reiko Shimada and Mariko Nishikawa.

He has conducted the Lucerne Festival Strings, the Parnu City Orchestra, the Estonian national Youth Symphony Orchestra and the Tokyo Kosei Wind Orchestra.

He has a wide repertoire from the baroque to the contemporary music.

He played together with the pianist of Keiko Haruhara, Rutsuko Yamagishi, Mikhail Kansdinsky, Haruko Watanabe and the violoncellist of Marius Järvi and the saxophonist of Nobuya Sugawa and others.

  • facebook
  • youtube